テーマ移行作業中

【自衛隊情報】最強の寒さ対策は筋肉だ!

最強の防寒対策は筋肉をつけること!筋肉あれば寒くない!

寒さめっちゃ苦手という人は筋肉量が少なくて寒いのかもしれませんよ!
筋肉をつけるとどうして防寒対策になるのかお話していこうと思います。

むちゃくちゃ寒そうに見えるんですけど

目次

最強の寒さ対策は筋トレ

最強の寒さ対策は筋トレ!寒さに弱いやつはとにかく筋トレw

いきなりどうしたの?筋トレが寒さ対策?意味がわからないっす

寒さ対策として筋トレのメリット
  • 熱生産量が上がることにより体が温まりやすくなる
  • 基礎代謝が上がることで基礎体温向上が期待できる
  • 血流が改善が期待できそれにより体温を上げやすくなる

筋トレはもはやメリットしかない! といっても過言ではない!
寒さ対策はもちろん、健康のためになりダイエットにも効果がきたいでる

筋トレをすることで一石何鳥だよってくらい効果があるので日頃から少しでも良いので生活に筋トレを取り入れることをおすすめする

筋トレの意外なメリットにいては今度てつとぶろぐでまた記事にしたい

寒さ対策という面で筋トレを見ていこう!

おねがいします!

筋肉は発熱する

意外と知られていないけど、筋肉は体温を保つために重要な役割をはたしいるんだよ!

筋肉量が多ければ多いほど体が温まりやすく、寒さに強くなるんだね!

筋肉量が増えることで起きるメリット基礎代謝が上がる

何もしていなくてもエネルギー消費は行われるとういうこと

このエネルギーが消費される際に熱が発生するので基礎体温が上がる
基礎体温が上がることで寒さに強くなるとともに

脂肪の燃焼もしやすくなり、ダイエットにも効果あり

しかしながら、何もしていなくてもエネルギー消費が行われるということは燃費が悪くなるというデメリットにも感じられるけどねw

子供は風の子

子供は風の子と昔はよくいったもだけど、今はそうではないかもしれない

子供は風、寒さを気にせず元気に遊ぶということを表しているが
最近はそうとも言えなくなってきているかもしれない

寒さ筋トレと何がかんけいあるの?

外で遊ぶ事が減って筋肉量が減って、熱生産量が減って寒さに弱くいなっているんじゃないかって事

最近はゲームなど家の中で遊ぶことが増えて運動をする機会が減っていて
子供の筋肉量は減少傾向だ、それは熱を生み出す能力が低く寒さに弱いということにつながる

温度調節が下手だと風邪も引きやすくなるし、怪我などもしやすし

しっかり運動しないとね

最近の子供は基礎代謝が減って体温が低くなり風邪引きやすくなってしまっているかもしれないね💦

脂肪と寒さ

体の大きな人って暑がりな人が多いと思うけど、脂肪も熱をつくるの?

体の多き人が暑がりなのは脂肪が熱を蓄えると言ったイメージかな?

脂肪は熱しずらく冷めにくい、一度温まってしまえば保温する効果があるが
一度冷えてしまうとあたためずらいのが難点

一度冷めてしまうと冷え性の原因になりやすい

脂肪は体温調節を難しくしてしまうので寒さ対策としてみても健康面から見てもやはりないに越したことはないだろう

寒さ対策で筋トレをして筋肉をつければ必然と消費されてへっていくけどね!

とにかく筋トレ

とにかく、健康面でのメリットが計り知れない筋トレはやるべき健康に慣れて、寒さに強くなり、痩せて太りにくい体になる全ての基礎は筋肉!

僕も健康のため筋トレするね!

いや、君のお腹はそのぷにぷにがたまらない!筋トレは良くない!そもそも今回の話は人の話でフェレットはどうなの?

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる