テーマ移行作業中

空調服の効果がない人がいる!太った人は空調服の効果がないのではないか?

夏の強い味方空調服!最近は使っている人も増えてよく目にするようになりました。

しかしながら効果があるという人とないという人に分かれます。

効果がないという人の中には単純に使い方を間違っていて上手に使えていない人と体質的に効果のない人がいます。

目次

体質的にうまく使えない

体質的にうまく使えない人は汗っかきなひと、それと太った人

空調服とは気加熱を利用して体を冷やすものですが、汗っかきと太った人は気加熱をうまく利用できません

気加熱をうまく使えなければ空調服はただのサウナスーツとなって逆効果にもなってしまいます。

ダイエットにはいいかもしれないですが…

太った人がダメな理由

ふっとた人がダメな理由は、脂肪が断熱材となってしまい効率よく気加熱を使って体を冷やそうとも表面だけが冷えて体内の温度低下には効果が薄い可能性があるということ

汗をかく→気加熱が生まれる→脂肪が冷える→体内の温度が下がる

脂肪が多ければ多いほど、体内の温度を冷やすのに時間がかかるため涼しさを感じにくいのではないかと思う

対処法

気加熱をうまく利用して表面の温度を下げてそれ以上温度が上がらないようにするとともに

太い血管を冷やすして血液をひやし体内から冷やす

私の一押しはクールコア!これを濡らして首に巻いておけばそれだけで首を効率的に冷やせる!

少し面倒なのは濡らさなきゃいけない絞らなきゃいけない、乾いたらもう一度と少してまであること…

しかしながらずっと繰り返し使えてエコではある、私の使用してるものは5シーズン以上使っていて簡単に元は取れるおとくなしょうひんだ!

もう一つおすすめなのがマジクールという商品

こちらも水を含ませて気加熱で涼を得るのはクールコアと変わらないけれど

こちらは給水ポリマーを使ってたくさんの水を含ませることができて一度濡らすと長時間持続して涼を得られる

しかしクールコアに比べると気加熱の量は緩やかで、冷却温度は少し劣る

実際に使用した感じでは、メンテナンスが少々面倒、耐久性はそんなに高くない

上記商品を空調服と合わせることで、気加熱を上手に発生させて、血液を冷やし体内からひやす!

空調服の風を当てて強制的に気加熱を発生させて首を冷やす!

合わせて手のひらを冷やして効果アップ!そこでおすすめの商品

空調服で外から冷やすとともに、首を直接冷やして体内の温度を下げる!

そこでおすすめの商品は去年からじわじわと流行ってきているこれ!

首を直接冷やせるというすぐれもの!冬には温めることもできてオールシーズン活躍できる!

自分に向いている方法をしっかり考える

太った人は表面を冷やすだけでは効果が薄いと考えられるので、空調服と合わせて体内から体を冷やせるように工夫して使うことが重要!

そのために首を冷やす、手のひらを冷やすなど対策を!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる