テーマ移行作業中

冬はやっぱり腹巻き!腹巻きの意味と効果、冬の体調管理にも最適!

健康を維持するために腹巻きがとても効果的なことを知っていますか!

昔ながらの腹巻、それは昔の人の経験と知恵により裏付けされた最強のアイテム、なんの効果もなく今の世の中まであり続けたわけではないのです!

腹巻をすることで、風邪予防から腰痛はたまたダイエットにまで幅広い効果が期待できます!

この記事を最後まで読んだ時間違いなく腹巻が欲しくなるでしょう

目次

はらまきの効果

腹巻きは単純にお腹を冷やさない、温めるといったことを目的に使用します。

お腹を冷やさない、温めることで得られる効果はさまざま

  • 免疫力アップ
  • ダイエット効果
  • 腰痛対策
  • 冷え性

その他にもまだまだ効果はあります

防寒だけでなく、もはや万病対策に腹巻きは必須アイテムです。

材質の使いかいわけ

材質は大きく分けて3つ

  • ポリエステル、ナイロン化学繊維
  • 綿
  • シルク

おすすめはシルクです!
皆様御存知の通り肌触りはよく、保湿性、吸湿性、通気性にすぐれていて、冬はもちろん暖かく夏も蒸れずにお腹を冷えから守ってくれるオールシーズン快適

綿は保温性が高く、冬の寒い日にはこちらがおすすめ!
冬は綿、夏はシルクなどの使い分けもいいとおもいます

化学繊維は安く、洗濯も気を使わずにできて使いやすいのがいいところです
しかしながら、化学繊維はアトピー・アレルギーなど肌に合わない人もいるので
そこには注意がひつようです。
肌が敏感な方はシャツの上などからつけると良いでしょう

腹巻で免疫力アップ

腹巻きをする一番のメリット腹巻きをすることで免疫力アップ!どうして?

それは体温の低下を防ぐため、体温が1度下がると30%免疫力がダウンします。
体温を下げないというだけで、風邪の予防になるというわけです。

ダイエットにも効果的

お腹を温めて基礎代謝が良くなると、ダイエット効果も気体できる
基礎代謝が良くなると、脂肪が燃えやすく太りにくい体になる!

腰痛にも腹巻

腹巻きをすると腰も同時に冷えから守ることができ

腹巻きをすることで多少の補正機能もあり、腰痛予防にもなります。

冷え性にも腹巻

冷え性にも腹巻きは効果的です

お腹を冷やすと、全身をめぐる血液も冷えて、全身を冷やしてしまうことに繋がります

お腹をしっかり温めることによって、体をめぐる血液を温めることにより全身似熱が運ばれて、全身を温めるということに繋がります。

冷え性の人の中には

体を冷やす→血流が悪くなる→熱の循環が悪くなる→体が冷える
という悪循環を作っている方がおおいです。

お腹を温めることで血流をよくして、体全体に熱を効率的に運ぶような
好循環を作らないといけません

夏でも腹巻

いつでもどこでも冷たい飲み物がのめて、アイスやかき氷にエアコンの効いた部屋、しらずしらずのうちにお腹を冷やしてしまう季節

お腹を冷やしてしまってお腹の調子が悪くなって、夏バテなどにつながったりしてしまうので、夏こそお腹を冷やさないように腹巻きが効果的!

腹巻の注意点

きつすぎる腹巻きは、血流を悪くして逆効果

使いすぎは体の体温調節機能が弱ってしまうので腹巻きに頼り過ぎもNG

正しく効果的に使うには腹巻きに頼りすぎるのもあまり良くはないということを知って、効果的に必要なときに使うことをおすすめします!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる